Parse, Alarm, Gauge. The must-have tool.

LogRep is a log parser for Final Fantasy XIV. You can compare your parse result with players in all servers (anonymous) on the web. LogRep also has an alarm function which reacts to specific log. You can also easily set an alarm to ring after specific duration.

占星術師がフォーラムで散々なワケ

2015/07/26



フォーラムで随分意見が白熱している占星術師。いったいなにが問題なのでしょうか?
その根幹について考えてみます。

あくまで「個人的」ですので、皆さんと解釈の違いはあるかもしれません。
(わかりやすさ重視で、記述を端折った部分もあります)
明らかな間違いがあれば修正しますので、教えてくださいね:)


その1:PT全体の大ダメージに弱い




レイドやボス等にいくと必ず「全員が大ダメージ」をくらうシチュエーションがあります。
その状態をなるべく早く回復することで、DPSや盾は安心感を持つでしょう。
そういったケースに役立つスキルを各ジョブ比較してみます。

※あくまで大ダメージ回復に特化した表です。全てではありません。


白魔導士


CastRecast回復力対象範囲備考
ケアルラ2GCD650単体

アサイラムなし90100x8(24秒)範囲内全員7
アサイズなし90300範囲内全員15
テトラグラマトンなし60700単体

ベネディクションなし300全回復単体

メディカ2.5GCD300範囲内全員15
メディカラ3GCD200+50x10(30秒)
20
ディバインシールなし6015秒

回復力+30%
神速魔なし15015秒

詠唱20%

シールって実は1分のうち15秒常に使える強アビ。
テトラグラマトンが増えたので、盾が落ちそうな場合の緊急回復も60秒に1回可能。
大体1分周期の攻撃にはこれらのスペックだけでも事足りそうですが、
アサイズ・アサイラムの追加により、緊急事態のリカバリーもしやすくなりました。
白は範囲広く思われがちですが、メディカラ限定。


学者


CastRecast回復力対象範囲備考
鼓舞2GCD300+バリア300単体

士気高揚2.5GCD150+バリア150範囲内全員15
生命活性なし60秒に3回600単体
要エーテル
野戦治療の陣なし30
範囲内全員8要エーテル
ダメージ10%減
不撓不屈の策なし30400範囲内全員15要エーテル
ラウズ+光の囁きなし60140x7範囲内全員15コマンド受付が
重いため、瞬時
には向かない
フェイイルミなし12020秒範囲内全員15回復力+20%
応急戦術なし30鼓舞・士気の
バリアがその
まま回復に


鼓舞・士気のバ
リアがそのまま
回復に
展開戦術なし120鼓舞を範囲内
全員に
範囲内全員10鼓舞クリ対象者
に使うとすごい
バリアに

鼓舞-展開戦術・妖精で事前、応急-士気・不撓で事後などなど、合わせ技で大ダメージを凌ぐこともできる3.0の学者。
ほとんどの技のリキャストが少ないので、エーテルフローの数さえ上手く管理できれば、かなりの難局も一人でフォロー可能です。

その代わり複雑な操作や予測(記憶)を求められるので、プレイスキルの差が出易いかもしれません。
まだ慣れてないコンテンツなどは、白のほうが力を発揮しやすそう。


占星術師


CastRecast回復力対象範囲備考
ベネフィラ1.9GCD620単体

アスベネなしGCD100x6(18秒)単体

ディグニティなし40400-1000?単体
対象者のHPが
少ないほど回復
ヘリオス2.37GCD290範囲内全員15
アスヘリ2.85GCD140+50x10(30秒)範囲内全員15
ライトスピードなし15010秒

2.5秒短縮
MP消費25%減
シナストリーなし12020秒

回復量+50%
運命の輪なし90200x6(18秒)
6
ダイレーションなし90Hot+15秒



よく使われるダイアーナルでの比較です。
あれ、なんか忘れてるような……と思うくらいシンプルな占星術師Lv60。
一見詠唱が早そうに見えますが実際はGCDに阻まれ、他ジョブと大差なし。
その割に少なめの回復力、白のシールのような補助スキルにも恵まれず……。
シナストリーは面白いですが、直感的ではないためトラブルには向かない上にリキャ120秒。
結局大回復にはライスピ+ヘリオス、アスヘリ、ベネフィラしか選択肢がない状況。

そのライスピもリキャ150秒と相当長いので、ボスが次々に打ち出す攻撃には間に合いません。
結局MP目いっぱい回復連打しつつ、隣のヒーラーに祈りを捧げるしかない……そんな状況に立ち向かった占星術師は多いんじゃないでしょうか。

ダイアーでの「運命の輪」が発動したとき、大抵占星術師はMP枯渇してたりします。
なんだかとってもせつない:(



その2:カードによって「お世話係」が「お世話してもらう係」に

 


さて、占星の回復の弱さの一因に「カードがメインであり、強力だから」と言う理由があげらています。
確かに性能を見る限り、上手く機能すればDPSの上がる要因になりそうな内容です。

ただ、ここには大きな一つの「落とし穴」があります。
今度はカードのスペック表を出しません。
スペックを語る必要がないほど、根源的な問題を抱えているからです。

元々ヒーラーとは、1人(ないしは2人)で、パーティの状態を維持するお世話係です。
回復をヒーラーに安心して委ねることでDPSや盾は各々が果たすべき役割を全うできます。
仮にDPSを上げるにしても個人技ですし、ヒーラー以外のバフ(歌とか、斬耐性ダウンとか)も、他人からもらっていてもあまり意識しません(上手な人は、意識してますが)。

ところが、カードは違うのです。
それはDPSや盾が「今自分に占星のどんなカード効果がかけられているか知らないままでは、性能を上手く発揮できない」、という設計によるものです。
1人の占星術師が他全てのプレイヤーのバッファ状態をリアルタイムに意識すればそうならずに済むかもしれませんが、それはあまりに非現実的でしょう。

そのため、カード効果をもらった人物が「そのカードの効果を意識した」戦いをしないと無駄に終わります。
7人が「たった1人の占星術師のカードをお世話する」という逆転現象が起こっているのです。
機甲士のProc待ちなんて、これに比べれば可愛いレベル。

では、予めどこで何のカードが来るか相談しておく?
……無理なんです。引いてくるカードはランダム……。
シャッフルしたって、ビエルゴの次にビエルゴが出る可能性があるのです。

ハイエンドの強敵相手に自分の操作すらままならない状態で

「占星がいつ、何をかけてくるか」

見ていられる、見ていたいと思うDPSや盾はいません。
占星の強みであるカードは、7人が最大限協力してくれなければ発揮できない。
カードの運命に翻弄されるのは占星だけかと思いきや、他の7人まで巻き込まれる形に。
喜んでそれを受け入れる程にはカードの能力も高くなく、かつ短い効果時間。

確かに計算上は強いのでしょう。
ですが、8人の膨大なストレスの上で成立する「強化」をプレイヤーは狙うでしょうか?
狙って、楽しめるのでしょうか?

 「カードなんてなかった」

こう考えたほうがストレスなく、楽しくプレイ出来ることでしょう。
事実そうなっているように私は感じています。
占星術師メインの人ですら、諦めているかもしれません。

強みのカードが無力化され、結局残るのは「か細いヒール力」になってしまう。
自分が占、アレキノーマル4層シャキって、相方が占だったとき……私は残念ながら「ついにきたか(帰りたい)」と思ってしまいます。他のメンバーによってはクリアできないわけではありませんが、占のお陰でクリアできた、と思えることがほとんどない。
占でごめんね、そう思ってしまう私がいるのです。


結論:占星術師の今後

 


「お世話してもらう」アビを撤廃し、「本来のお世話係」に立ち返ることが占星の1番の需要に繋がると思います。

カード効果の「他者のスペックを上げる」は廃止し、「自身の回復力や回復スピードを一定時間あげる」ようにし、上手く使って白学を凌ぐ瞬間があれば、だいぶ印象は変わりそうです。

サリャクやビエルゴはそのままでもよさそうですが、残り4つは自身の回復効果アップよりに見直すべきかなーと。

大当たりで1つだけアーゼマの強化版(10秒間攻撃は全部クリ。でも出る確率1/20)とかあったりすると、ランダムな運命のスパイスになってちょっと面白そうではあります。
あくまで他者のスペックを上げるスキルは、あからさまに効果がわかる、宝くじあたったラッキー! レベルであれば楽しみに繋がりますし、「占星術師ありがとう!」と言われることでしょう。

とりあえず、「現行のカードスペックの延長上には、『占星術師はカードメインと言えるような未来が見えない」んですよねぇ:P


番外編:公式の回答について

 


こんばんは。

多数のフィードバックありがとうございます。

現在の占星術師について、開発チームの認識を以下にお伝えします。

回復力とカードの効果について
占星術師はカードの効果でパーティメンバーのさまざまな能力を引き上げることができるため、占星術師が参加しているパーティの総合力を考慮したうえで、回復力やカードの効果を設定しました。
また、開発チームではレイドやダンジョンでの皆さんのプレイ状況を注視しながら、各コンテンツでゲームバランスがしっかり取れているかを常に確認していますので、その上で、さらなる調整が必要だと思われる場合はお寄せいただいたフィードバックをもとに、検討/調整を行っていきます。

今後のフィードバックについて
開発では皆さんのプレイデータを常に確認していますが、フォーラムに寄せられるフィードバックも、今後の調整のための貴重な検討材料としています。
とくに、実際に占星術師で各種コンテンツに参加して感じたご意見はとても参考になりますので、各種アクションの効果についてのピンポイントなご要望など具体的なフィードバックを引き続きお寄せください。


あ、やっちゃったなーって文面。
大企業病というか、うっかり上から目線になっているというか……。

確かにプレイヤー全ての意見を鵜呑みにするわけにはいきません。
それでも、あそこまで色々と建設的な意見が多数出ている中、誰もが知っているコンセプトだけ語ったあと「具体的なフィードバックを引き続きお寄せください。」はさすがに燃料(笑)
フォーラムの「公式の意見を!」的なムードの高まりで、とりあえず発言しておこう、といった中途半端な公式回答だったのかもしれません。

まぁ、伝える文章は難しいですね。
回答はともかく私は「FF14の開発スタッフ」について、最終的にはいい方向へと舵を取ってくれるスペシャリストだと思っています。
今回、対応が少し遅れてしまっているのは残念ですが、遠からずうちに素敵な「占星術師」に生まれ変わらせてくれるのではないでしょうか。



2 comments:

Felichi/koba さんのコメント...

引用の許可を頂きたいです。
本来引用に関してはルールに則り行っておれば事前の許可はいらないのは承知のうえですが
この記事を引用、紹介した上でこちらの解釈及び意見を書かせていただきたいので事前に申請いたします。

予定している内容としまして、この記事の話を紹介しながら同じような支援コンセプトのFF11「コルセア」や調整で難航した「学者」の事例を紹介したいとおもいます。

codescream さんのコメント...

Felichi/kobaさん

引用、全然オーケーです。
むしろ丁寧に知らせてくださいまして、有難うございます:)

いい記事になることを、期待してますね!

コメントを投稿

★「匿名」を選択せず、「名前/URL」で貴方の名前を書いてください。
★ If you have not chosen the "匿名(anonymous)", please write your name in the "名前(Name) / URL".